GREETING 院長あいさつ

当院では内科、消化器科、循環器科、小児科、を中心に、胃・大腸内視鏡検査、人間ドックなどを行っており、放射線や超音波の技師も勤務しています。
スタッフの人数は十数人となかなかの大所帯です。
当院は私の父の時代からの開業で、親子2代3代にわたって通院されている患者さんが大勢います。
多くはご近所の方ですが、引っ越ししてもなお遠方から通ってきてくださる患者さんも大勢おります。
「あそこに行けば何でも診てもらえる」そんな信頼感を寄せてくださっています。
だからこそ私共も最善のプライマリケアでお役に立ちたいと思っています。

私はプライマリケアで最も重要なことは「いかにはやく病気に対応できるか」だと思っています。
もっと簡単に言えば街の開業医の一番の仕事は「いちはやく病気を見つけること、そして大きな病気はそれぞれの専門病院、大学病院に紹介すること」です。そのために当院では専門医の先生方をを待機させているのです。
ときには私の手に負えない病気に患者さんが罹っている場合もありますが、そのようなときは、いちはやくトップレベルのドクターや病院を紹介しています。

藤田 実彦 フジタ サネヒコ

専門

内科一般・消化器病・肝臓病

取得している認定医・専門医

日本内科学会認定医
日本消化器病学会専門医
日本肝臓学会認定医

所属学会

日本内科学界
日本消化器病学会(関東支部評議員)
日本癌学会
日本東洋医学会

経歴

1967年日本大学医学部卒業。1年間のインターン終了後、日本大学医学部第三内科学教室入局。
消化器病学一般を研鑽すると同時に主に肝臓病学を専攻。
1975年医学博士号取得。
1976年同医学部講師。
1980年より目黒区に医療法人社団藤田医院開業、現在に至る。
2002年より東邦大学医学部客員講師。
2004年ニューシティ大崎クリニック院長就任。
藤田 実彦